1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > 新型コロナウイルス感染症とピル

Blog

院長ブログ

新型コロナウイルス感染症とピル

「コロナが流行ってますけれど、ピルはのんでて大丈夫ですか?」

という質問を時々受けるので、今日はその話を。

 

新型コロナウイルス感染症になると、血栓症が発生しやすくなることがわかってきました。

血栓症とは、血管の内で血が固まってしまい、血が流れにくくなる病態です。

心臓や脳の血管で起こると心筋梗塞や脳梗塞になり、死亡することもあります。

 

血栓症の原因(=血栓性素因)になるのは、以下です。

・高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病

・喫煙

・肥満

・家族に血栓症になった人がいる/本人が過去に血栓症になったことがある

・エコノミークラス症候群の原因になるような生活をしている

(デスクに座りっぱなし、長距離移動で動かない、水分を取らないなど)

・妊娠中・産後

など

 

更に、ピル内服中も血栓症のリスクが上がります。

ピル使用者:8~9人/10000人

ピル非使用者:4~5人/10000人

このため血栓性素因のある人は、ピルは慎重投与あるいは禁忌です。

 

参考までに

妊婦:29人/10000人

褥婦:300~400人/10000人

 

新型コロナウイルス感染症とピルの関係については

今のところ指針はなく、学会からの声明もなく、研究論文もありません。

ですが、新型コロナウイルス感染症が血栓性素因のひとつとして並ぶのは

ほぼ間違いはないでしょう。

そこで当院では

「新型コロナウイルス感染症になった、あるいは感染が疑われる患者さんは

治るまでピルを中止しましょう。

コロナにかかっていない方は、そのままピル内服を続けて下さい」

という方針にしています。

あくまで現時点の、個人的な見解です。

 

#新型コロナ #ピル #血栓症

« 一つ新しい記事へ