1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > 子宮頸がん撲滅の幕開け

Blog

院長ブログ

子宮頸がん撲滅の幕開け

子宮頸がんワクチンは、効果が高く副作用が少ない良いワクチンです。

女性たちの健康と幸せを守るために、普及させなくてはなりません。

 

しかし、到達点には程遠いのが現状です。

日本では平成25年4月に定期接種になったのですが、

「子宮頸がんワクチンの副作用で身体が不自由になった」と主張するショッキングな映像が大々的に報道され

わずか2か月で厚労省が接種勧奨を控えると発表しました。

日本から一歩外に出たら、子宮頸がん撲滅に向けて世界中が動いており、

男子も含めた子供たちの全員接種に取りかかっているというのに。

厚労省が世界の標準的科学ではなく、日本人の国民感情を優先したために起こってしまった現象です。

恐らく日本医学史の黒歴史として後世に残るでしょう。

 

元々薬害に敏感な国民性を持つ私たち日本人は

一度定着した「この薬はこわい」という思いからなかなか覚めることはありません。

かつて「陣痛促進剤」がそうでした。

「陣痛促進剤はこわい」という誤った認識が流布した結果

本当に必要な陣痛促進剤が使われないため、産婦さんが疲弊し、胎児が低酸素になり

取返しのつかない悲劇につながりました。

 

決して同じ轍を踏んではなりません。

 

「どうしたら子宮頸がんワクチンをうってくれるだろう?」

真剣に考えました。

簡単です、接種対象者である女子たちに聞いてみれば良いのです。

答えをまとめると「みんながうったら」でした。

みんな、気持ちはおんなじなんですね。

 

では「みんながうった」という状況を生み出せばよい、

そのためには、一人でも多くの人にワクチンに興味を持ってもらい、接種してもらうことです。

一人でも多くの人に接種してもらうには、

正確な情報と親切なメッセージを発信し

アクセスしやすい環境をつくり

なるべく値段を安くして

安心して接種できる場を提供すること。

これを実践するのが私のミッションと考えます。

 

9価子宮頸がんワクチンの予約・接種を開始して2週間経過しました。

既に20名近い方が申し込まれています。

もしかしたら、日本で子宮頸がんワクチンが普及していく、歴史的な動きを目の当たりにしているのかも知れません。

そしてWHOの活動が実って

かつての天然痘のように、子宮頸がんが地球上から撲滅される日をこの目で見れたら・・・

そう思うと、胸が高鳴るのです。

 

9価子宮頸がんワクチン(シルガード)の予約はこちら

 

一番わかりやすい子宮頸がんワクチンの話

 

 

>