1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > 9価子宮頸がんワクチンの公費導入を望む

Blog

院長ブログ

9価子宮頸がんワクチンの公費導入を望む

9価子宮頸がんワクチンを開始して3か月、

200人を超える女性に接種しました。

東京都でも有数の多さです。

「西早稲田発 子宮頸がん撲滅プロジェクト」の始動開始です。

 

でも、まだです。まだ、足りません。

現状では、ワクチン代に8万円かけられる家庭のお嬢さんしか射てません。

本当に必要と世界が認めたものなのですから

全ての子供たち・女性たちに等しく行きわたるべきなのです。

 

なでしこ女性診療所は、9価子宮頸がんワクチンの公費導入を求めて動きます。

より多くの方に接種して頂いて、安全性に関する日本独自のデータを集め

厚労省に働きかけるつもりです。

次の世代の中学生たちが、みんな安心して射てるようにしたいのです。

そのためには、当院のように接種数が多い施設が

先頭に立って声を上げなくてはなりません。

 

産婦人科医として歩む中で、夥しい数の子宮頸がん患者さんと出会ってきました。

自分より若い患者さんに死なれたこともあります。

「せめて子供の小学校の入学式まで生かして下さい」と懇願されたこともあります。

胎児のいる子宮を、摘出したこともあります。

すべて将来的には、無くせる悲劇です。

「子宮頸がんをこの世から無くしたい。そのためにワクチンを普及させたい」。

この年齢になって、こんな熱い思いが生まれるとは思っていませんでした。

« 一つ新しい記事へ