1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > 讃岐愛を語る

Blog

院長ブログ

讃岐愛を語る

今日あたりから西早稲田界隈は若い人がどっと増えました。

4月ですものね。学校が始まったのかな?

 

私自身は、大学進学によって大きく生活が変わりました。

東京と神奈川で育ったのですが、香川へ転居して

かなりのカルチャーショックの洗礼を受けました。

平成初期でしたから、今はまた違うのかも知れませんが

同じ日本とはいえ、さまざまな文化の違いが新鮮で心地よく

深い讃岐愛につながりました。

 

1 ウシガエルが車道を歩いている

両手にようやく乗るくらいのサイズの、あれです。

何にもない車道を、悠然とのしのし歩いているのです。

マイペースでゆっくり歩むので、路上にいたら車は止まらなくてはなりません。

何だか格の違いを見せつけられているようでした(笑)

 

2 生粋の讃岐弁!

入学したら多くの学生は自動車学校に行きます。

私を担当してくれた教官は若いイケメンの先生でしたが

生粋の讃岐人で、見た目からは想像できない見事な讃岐弁を話す人でした。

オリエンテーションで

「ここをひとつ回しょると、こんまいランプがつくけ」

と言われた時は一瞬の間をおいて理解できましたが

咄嗟の時に

「ハンドル回っしょろ!」と言われた時は反応できませんでした。

すっかり四国言葉に魅せられて、今でも時により讃岐言葉が出ます。

 

3 未舗装の国道がある

「国道」と言ったら国道134号線(いわゆる湘南道路)しか知らなかった私は

片側が一車線の国道を見た段階で驚きましたが

当時の四国は山奥へ行くと、未舗装(つまり砂利道)の国道があったのです!

 

4 うどんは名物ではなく 食文化そのもの

香川生まれの香川育ちの同級生から聞いたのですが

「お昼にうどん以外のものを食べる人がいるなんて知らなかった」

というのです。

香川県におけるうどんは、他県の名物とは全く位置づけが異なるもので

名物というよりは、食文化そのものでした。

香川出身の同級生は「子供の頃から行っている近所のうどん屋」を持っています。

恰好よくて、うらやましくてたまりませんでした。

 

5 学校帰りに「うりぼ」が出る

香川医大は山の中を切り開いて開校しましたので

周り中藪と畑と田んぼでした。

車で通学していた帰り道、藪から突然動物が飛び出てきたので

「危ない!」と急ブレーキをかけたのですが間に合わず、

動物がうずくまってしまいました。

頭が真っ白になって、恐る恐る動物に近づくと・・・

よく見たら犬ではなくて「うりぼ」でした。

こちらもびっくりしましたが、むこうもびっくりしたようで

はっと目が合うと、ぴゅーっと藪の中へ消えて行きました。

いや、ケガがなかったようで、よかった。

 

今でも香川には「帰る」という感覚があります。

 

>