1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > 「給食が食べきれずに掃除時間になっても食べさせられてる子」でした

Blog

院長ブログ

「給食が食べきれずに掃除時間になっても食べさせられてる子」でした

時々、「先生はきっと優等生で、学校で叱られたことなんてないでしょう?」と聞かれますが

もちろん全然そんなことはありません(笑)

実は私、小学生の時、「給食が食べきれずに掃除時間になっても食べさせられてる子」だったんです。

昭和50年代の話です。

「給食は残さず食べましょう」という教育がなされていて

それが行き過ぎて「食べられなければ、食べられるまでテーブルから離れてはいけません」

というルールでした。

給食時間が終わって、掃除の時間になっても、お膳を前に座っていました。

ひどいと5時間目が始まっても、お膳の前でした。

掃除でほこりが立とうが、隣の子は教科書を開いていようが

私の前には食べかけの給食のお膳、でした。

好き嫌いではなく、本当に量的に食べられなかったのです。

予め主食を半分に減らすのまでは許されていましたが、それでも食べきれず

1/3まで減らしてほしいと願い出たのですが、却下されました。

幸いしにて仲間がいましたので、グレずに済みました(笑)

当時の私と同じように、身体の小さいサトシくんとマユミちゃんです。

いつも3人でさらし者でした。

マユミちゃんはこっそりと、口の中に食べ物を入れたままお手洗いに駆け込んでいました。

クラスの中で最も身体が小さいのもこの3人でしたので

3人が特別わがままで食べられないわけではないのに。

今思うと、まぎれもない児童虐待でした。

よく不登校にならなかったと思います。

 

そんな私でも、遅い第二次成長を経て大きくなり

普通に食いしん坊に育ちました。

 

« 一つ新しい記事へ
>