1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > 遠隔診療 半年記

Blog

院長ブログ

遠隔診療 半年記

遠隔診療を始めて、半年が過ぎました。

実践してみると、かなりいろんなシーンに対応できます。

 

現代日本の女性は、みんな忙しいですね。

朝、出勤途中のわずかな時間を使って、遠隔診療は可能です。

ハイヒールの音をカツカツと響かせながら「おはようございます!」

と颯爽と挨拶されて診療開始、2分でいつものお薬を処方できます。

 

遠方の患者さんもいらっしゃいます。

当院の診療は、女性皮膚科に心身医学的手法を加味するという特色があるので

このスタイルを探して受診する患者さんがいらっしゃいます。

電車で片道4時間の距離ですが

遠隔診療で楽々その距離を飛び越えることができます。

 

誰でもこころの具合が優れない時ってありますよね。

そんな時でも、遠隔診療は可能です。

自宅のお布団の中で、泣きながらSOSを出してきた患者さんのお話を

じっくり聞くことができます。

 

昨年の台風19号の日も、遠隔診療がありました。

あの日はお店もクリニックもテーマパークもみんなお休みで

都市機能が停止しましたが、

遠隔診療は予定通り行われました。

私自身も出勤しなかったので、自宅で私服姿でしたが(笑)

 

「本当は今日受診したかったのに、子供が熱を出して行けない」

という方も、遠隔診療で解決です。

お薬を絶やさずに済みました。

画面の向こうは小さな男の子を抱いた若いママさん、ご自宅のリビングからです。

 

こんな話をすると、「自分たちのシステムが人の役に立った!」と

目を輝かせて喜んでくれる、遠隔診療システム会社の社員さんたち。

既にかけがえのない仕事仲間です。

遠隔診療で得られたものは、患者さんへの貢献だけではなかったようです。

 

 

« 一つ新しい記事へ