1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > ピルの連続投与という選択(1)

Blog

院長ブログ

ピルの連続投与という選択(1)

私たちは、「月経はひと月に1回くるもの」と刷り込まれていますが

実はそうでなくても良いのです。

ひと月に1回ということは、1年で12回ですね。

それが1年に11回だったらどうでしょう?

ま、11回ならいいか、っていう感じですよね。

じゃ10回は? これもまあいいかな。

1年にゼロ回。さすがにこれはまずそうだ。

「では一体、1年に何回ならいいんだろう?」

この発想から生まれたのが、連続投与タイプのピルです。

連続投与タイプ、つまりのんでいる間は月経がこない仕組みのものです。

現在、日本で発売されている連続投与タイプのピルは2種類あります。

最大約4か月まで連続内服できるヤーズフレックスと

約3か月間連続内服できる、ジェミーナです。

どちらもなでしこ女性診療所で取り扱いがあります。

 

月経の回数が減るとどんないいことがあるでしょう。

ちょっと考えると、いろいろありそうですね。

めんどくさくない。

ナプキンかぶれなどの皮膚トラブルが回避できる。

あの生理痛から逃れられる。

PMSPMDDが起きる頻度が減らせる。

まだまだ他にもありそうです。

 

Q 4か月も生理を起こさなくて大丈夫?

A 大丈夫です。ピルは「偽妊娠療法」とも呼ばれているように、のんでいると妊娠しているのと同じような状態になります。妊娠したら月経が来ないのと同じように、薬をのんでいれば月経が来ないという仕組みなので、心配いりません。

 

Q その分、生理痛がひどくなったり生理の量が増えたりしませんか?

A しません。のんでいる間は子宮内膜が厚くならない仕組みなので、経血も増えないし生理痛も重くなりません。

 

Q 避妊効果はありますか?

A 日本では未承認ですが、海外では避妊薬として承認されています。

 

Q のむのをやめたら妊娠できますか?

A はい。やめて1サイクル目の妊娠率が約20%、1年の妊娠率が約80%です。

 

「毎月生理が来た方が避妊成功が確認できてよい」

「来るべきものが毎月来ている方が落ち着く」

という方は、従来のピルがいいかも知れませんね。

 

(つづく)

 

 

>