1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > ウィズコロナ時代の良質な医療とは

Blog

院長ブログ

ウィズコロナ時代の良質な医療とは

時代が変わっても、「良質な医療」は変わることはなく

正確で、親切な医療であると考えています。

 

正確さの追究方法はただひとつ、常に最新の学識を手に入れ、経験を積むことです。

範囲が広いので少々大変ですが、

いくつになっても新しいことを学ぶのは楽しいもので

時間がたつのを忘れます。

 

もうひとつの柱である「親切であること」ですが

こちらは正確さと違って、どうやら時代と共に変化するものだと

最近思うようになりました。

 

今までは、のんびりと患者さんとお話ししていました。

時間をかけてゆっくりと丁寧に説明することが、親切さにつながっていました。

 

ところが最近は、皆さん感染予防意識が高く

なるべくコンパクトな診療が求められているように思います。

そしてこのコンパクトさの加減が、患者さんによって違うのです。

一人一人の患者さんが何を求めているのか、今風の言葉でいうと「空気を読む」必要があり

職人芸のようなコミュニケーションスキルがものを言います。

ある患者さんにとっては充分な診療でも

他の患者さんにとっては不充分かも知れない。

ここをどう識別するかが重要になってきました。

 

ウィズコロナの時代は、臨床医としての力量が益々問われる時代なのかも知れません。

 

>