1. ホーム
  2.  >
  3.  院長ブログ
  4.  > 「一先輩より研修医への助言」

Blog

院長ブログ

「一先輩より研修医への助言」

1年目の研修医として産婦人科医局に入局した時の教授が

私たち研修医にかけて下さったご助言10ヵ条があります。

私にとって、医師としての基本指針になっていて

どこに転勤しても、必ず壁に貼っていました。

あれから20年以上経ちましたが、今でもその1枚の紙は自宅の壁に貼ってあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

一先輩より研修医への助言

 

1 医学はscienceに支えられたartでありしかもその底流にはhumanityが流れている。

 

2 一人の患者さんを診たらその分成長する医師でなければならない。

 

3 常に疑問を抱く姿勢を維持せよ。

 

4 知識の集積は専ら新しいものの創出のためである。

 

5 学問なき経験は経験なき学問に優る。

 

6 失敗により学べば失敗は成功より意味がある。

 

7 他人の短所、弱点をみたら自己を点検せよ。

 

8 自分を無能だとおもわない限り人は皆有能である。

 

9 一時的な感情でもって永遠の方向を見失ってはならない。

 

10 平凡なことを日々確実に実行する。(偉大な凡人)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

もう一度読み返して、明日からの診療に臨みます。

>