予約不要

03-6233-8228

なでしこ女性診療所

menu

close

  1. ホーム
  2.  > 婦人科

Gynecology

婦人科

一般婦人科のご案内

生理に関する症状

生理に関するトラブルは、何でもご相談下さい。

  • 生理不順

    生理が順調に来ない、生理の間隔が開きすぎる、生理の間隔が短い(1か月に2回くるなど)

  • 生理痛

    生理時の腹痛、腰痛、頭痛、排便痛のほか、生理時に痛いところがある

  • 月経前症候群

    主として月経前にイライラする、気分の変調がある、腹痛や頭痛がある、倦怠感がある

  • 生理の量の異常

    生理の量の異常:経血量が多いまたは少ない

  • 不正出血

    不正出血:生理以外に出血する

更年期障害

主として40代後半からの女性の様々な不調に対応します。
ほてり・発汗、頭痛、疲れやすい、イライラや気分の落ち込み・不安感、めまい、肩こり、関節痛などは、更年期による症状として知られています
ホルモン療法や漢方薬による治療、安定剤による治療、サプリメント療法を行っております。

外陰部の症状

かゆみ、痛み、湿疹、できもの、性器の構造が気になる、など外陰部の症状は、女性にとってとても気になるものです。一人で悩まずに、まずはご相談下さい。

おりものの異常

よく見られるトラブルには、以下のような症状があります。
・量が多い
・量が少ない
・色調やにおいが気になる
適切な診断と治療により、改善させることができます。

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫など

腹痛・生理痛などから発覚することがあります。病変の評価と治療要否の判断、定期的な経過観察、薬物治療、専門医療機関への紹介を行います。

頻尿・排尿痛・残尿感など泌尿器系の症状

膀胱炎は女性によく見られる疾患で、早期治療により速やかに症状が軽快します。また、膀胱炎とは異なる頻尿も、ご相談下さい。当院で対応困難な場合は、泌尿器科にご紹介することもあります。

子宮周囲の下垂感

特にお産をした女性が年月を経ると子宮や膀胱、直腸が下がってくることがあります。症状により外来での補助器具の装着や、手術可能な医療機関への紹介を行っております。

性交痛

性交時の外陰痛や腹痛は、時として相談しにくい症状ですが、例えば子宮内膜症など、治療を要する疾患の場合があります。症状が軽快しない時は、婦人科にご相談下さい。

小児の婦人科診療

小学生以下のお嬢様でも、おりものが出たり、かゆみが出たりすることがあります。また、高校生になったのに生理が来ない、小学校低学年なのに生理が来た、など思春期前後のお嬢様の月経関連トラブルにも対応しております。お腹からのエコーなど、身体に負担の少ない方法で診断が可能です。

性同一性障害の方のホルモン治療など

性適合手術後、戸籍が女性である方が対象です。ホルモン剤投与の他、身体のトラブル(風邪や胃腸炎など)の診察も行っております。かかりつけ医が見つからずにお困りの方は、ぜひご相談下さい。